【ケース1】膝の手術後5ヶ月経ったサッカー少年が、やってきた!

【ケース1】 17歳  男子高校生(全国高校サッカー常連校のレギュラーメンバー)

膝の手術後5ヶ月経ったサッカー少年が、友達の紹介で
「…どこにいってもどうにもならない。なんとかしてください。」 ってやってきた( ̄▽ ̄;)

膝の軟骨遊離体(骨の一部が欠けて筋肉の中に入って痛みをだす)を取り除く手術の後、
本来は2ヶ月くらいで現役復帰の予定だったのに、4ヶ月経っても 痛みがなくならなくて
病院でもリハビリやって、整骨院とかも行ったけど、原因がわからない。
いよいよ本格的に練習に入らなきゃいけないのに、どうしよう…って

1回目の施術後、痛みはかなり軽くなったみたいで、
ちょっと走れるようになったからって、翌日、フルで練習試合に出て (…無茶苦茶やε-(-д-`。))
また痛みが強くなってきました…って、1週間後にまた来た。

1回目は原因がよくわからなくて、でも2回目のときになんとなくの原因がわかって

「これ、わたしの範疇じゃない」って 思った( ̄▽ ̄;)

たぶん手術後で回復段階にある筋肉を酷使しずぎて
一旦手術で切った筋肉の周辺の線維が うまくくっついてなかった
のが 痛みの一番の原因だったと思われるんだけどね。
(要は、かさぶたがきれいにくっつく前に がりがり触って、また血がでて生傷に…って感じ?)

友達の医者とも話して やっぱり原因は 手術部付近の線維の癒合の問題だよね…っていう
結論に達したから、もう1回きちんと 整形外科医に診てもらったほうがいいって
お母さんに伝えて。

うちに来るまでに 手術したところと別に2つ専門の先生に診せたらしいけど
特に問題ないって言われたらしく、「行っても問題ないって言われるし…」って
めちゃくちゃ渋ってて…

「〇〇病院の◇△先生が その診断方法に詳しいから、そこに行ったら?」って勧めたら、
じゃあ…って 結局、セカンドオピニオンをもらったところに
も一回行って かなり医者に詰め寄ったらしい(笑)
一回行って、「問題ない」って言われてるから。
「…そういうこと(癒合が遅くなること)は あり得ます。…私もそうじゃないかと 思います。」と
やっと言われて、本人もお母さんも納得、わたしのセッションは終了になった。

ってことがあった~。(長いうえに 解り難くてごめんなさい( ̄▽ ̄;))

その膝の痛み以外のところで 調整する筋肉はあったから、そこは 私の範疇なんだけど、
手術後の生傷は~ ひとまず治さないと…何やっても一緒ですやん
っていうか ずっと生傷やん 治らへんやん って 話でしたw

 

この半年後…
第93回全国高校サッカー選手権大会にレギュラーで出場したそうです^^
よかったよかった(*≧▽≦)ノ

コメントは受け付けていません。